スポンサード リンク

小林涼子

小林涼子さんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ37話前半での名場面

小林涼子&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、小林涼子さんが演じた杏の中高生時代から気になる小林涼子さんのシーンをピックアップして紹介してます。


半年後…1998年 17歳 冬
大悟と別れてから半年が経ちますが、大悟の事を引きずっている杏。
そんな杏に、あさちゃんたちが「誰か紹介しようか?」と言うんですが、杏は一言「無理」
高校を卒業してからは大悟が東京に出てくる事しか考えていなかった杏は「未来が真っ白になっちゃった」と言い出す始末です。

杏は父親に大悟との事を聞かれても何でもないと言い、自分の部屋に入るのですが、大悟の誕生日10日に赤丸の付いたカレンダーを見て涙ぐんでいました。

大悟の誕生日。
杏に楓が高級松坂牛を持って、すき焼きの差し入れに来ます。
そしてなぜか杏に、すき焼きを作るように手渡す…?の杏。
楓が料理が出来ないのを知っている杏ですが、「楓さん、すき焼きも出来ないの?」
それに楓の鋭い突っ込み!「高級松坂牛!無駄にしたいの!?」
首を振る杏。
すき焼きを食べながら、楓は父親に頼まれて、杏の様子がおかしいので、大悟と何かあったのか聞いて欲しいと頼まれた事を言います。
杏は大悟と別れた事を楓に言います。
楓は「やっぱりそうか」と言い、杏に「初恋だったの?」と聞き、杏が頷くと、初恋は叶わないもんだと言い自分の初恋の事を話して聞かせます。
「私の初恋はね、高校生の時」
「私ね、昔から勉強出来たの。でも高校の頃成績が落ちた事があって落ち込んでた事があるんだ」
「ある日、同級生の男の子が「黒木は頑張ってるから大丈夫だよ。」て言ってくれたの」「自分の事を考えてくれている人がいるんだって思った、その男の子がそう」「でもどうしてだか、思いも伝える事が出来なかったんだ」「杏ちゃんは想いが叶っただけ幸せなんだよ」と杏を慰めます。


小林涼子さん演じる杏は、大悟のことが忘れられないんですよね。
大悟の誕生日が近づいてくるとますます想いが募るんです。
小林涼子さんの表情が良いんです、特に楓とのすき焼きのやり取りの部分が。
思わず笑っちゃいましたよ。

小林涼子

小林涼子さんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ36話後半での名場面

小林涼子&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、小林涼子さんが演じた杏の中高生時代から気になる小林涼子さんのシーンをピックアップして紹介してます。


杏が東京に帰る為に家を出るまえにおばあさんに、大悟にひどい事を行って別れたと話します。
本当は、ありがとうや、出会えて良かったとか言いたかった事を話します。
そして「このまま一緒にいたら大悟が先生になる夢を諦めちゃう、わたしが重しになっちゃう」と泣きながら打ち明けます。
「杏、一人でかかえきれなくなったら、おばあちゃん何時でもここにおるけん。いつでもまっとるけん」とおばあさんが優しく言うんです。

駅に向かう杏に藤が「杏」と声を掛けます。
「東京へ帰るのか」と言い、自分と椎香の所為だと謝る藤。
「謝らないで、藤くんや椎香ちゃんの所為じゃないから」そう言っていく杏。

その頃大悟は神社で絵馬を見つめています。
中学校の教室で楽しかった頃を思い出している杏、街中のあちこちで色々思い出し、そして神社へ。
絵馬を見つめる杏。そこへ大悟が現れます、行こうとする杏の腕を捕まえ引き止める大悟!
「だめじゃ、行かせん。だめじゃ」
「もう離して」と顔を向けずに言う杏に大悟は「杏、こっち向いて言ってみろ」と言います。
決心をして大悟のほうを向いて杏は言います。
「もう終わったの。だからその手を離して」
その言葉に手を離す大悟。

行く杏に大悟は叫びます「杏、こぎゃん別れ方するためにお前の事すきになったんじゃなか」
「杏!」叫ぶ大悟…。


辛いんです、小林涼子さんの杏もとっても辛いんです、でも大悟の為を思い、重しになってはいけないと小林涼子さんの杏は考えたんですね、でも辛いですよ。

小林涼子

小林涼子さんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ36話後半での名場面

小林涼子&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、小林涼子さんが演じた杏の中高生時代から気になる小林涼子さんのシーンをピックアップして紹介してます。


杏の家へ来た大悟は「大悟。今話してもどうもならんけん」というおばあさんの言葉で会うことをあきらめて帰る大悟ですが、家の外で杏に大声で呼びかけます。
「杏!」「杏!」「杏!」
その声を聞いて、飛び出しそうになる杏!しかし思い留まります。
「杏!俺は納得できんけん」「ずっと一緒におっちゃるって言ったが。あの約束絶対忘れんけん」

杏が東京に帰る為に家を出るまえにおばあさんに、大悟にひどい事を言って別れたと、本当は、ありがとうや出会えて良かったとか言いたかった事を話します。
そして「このまま一緒にいたら大悟が先生になる夢を諦めちゃう、わたしが重しになっちゃう」と泣きながら打ち明けます。
「杏、一人でかかえきれなくなったら、おばあちゃん何時でもここにおるけん。いつでもまっとるけん」とおばあさんが優しく言うんです。

中学校の教室で楽しかった頃を思い出している杏、そして街中の色々な所で大悟との事を思い出し、そして神社へ。
絵馬を見つめる杏。
そこへ大悟が現れます、行こうとする杏の腕を捕まえ引き止める大悟!
「だめじゃ、行かせん。だめじゃ」
「もう離して」と顔を向けずに言う杏に大悟は「杏、こっち向いて言ってみろ」と言います。
決心をして大悟のほうを向いて杏は言います。
「もう終わったの。だからその手を離して」
その言葉に手を離す大悟。

行く杏に大悟は叫びます「杏、こぎゃん別れ方するためにお前の事すきになったんじゃなか」
「杏!」叫ぶ大悟…。


小林涼子さん演じる杏の一番辛いシーンです。
小林涼子さんのこのときの本当に辛そうなシーンは心に残ります。
小林涼子のあの表情が杏の辛さを良く伝えてくれました。