スポンサード リンク

小林涼子

小林涼子さんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ29話での名場面

TBSドラマ「砂時計」のあらすじの中から、小林涼子さんが演じた杏の中高生時代から、気になる小林涼子さんの杏のシーンをピックアップして紹介してます。


東京に帰ってきた杏は新宿歌舞伎町5丁目の辺を探し回ります。
杏、大悟、椎香、藤の写った写真を見せ尋ね回りますが、誰に聞いても分からず。

毎日探し回る杏、そして、あるお姉さんに4人で移った写真を見せると、杏が高校生に見えないとバカにされます。
怒る杏が振り返ると、なんとそこに藤がゴミ出しに出てきていてバッタリ出くわします。
藤「杏、何してんだよ、こんな所で」
杏「それはこっちのセリフよ!」
藤「俺はここで働いてるんだよ」
藤「こんな所、二度と来るな!それから、ここにいる事は誰にも言うな、わかったな!」
杏、ガーンです。(意外な反応に戸惑う杏)

その夜、大悟から杏に電話がかかって来ます。
今までの不安を口にする大悟は「杏、お前、藤の事で何か隠しとらんか?」
杏はドキ!っとしますが、藤との事は言いません。
「だな、早く探して帰って来い」と言うのが精一杯の大悟。

次の日、藤が働くキャバクラのミーティングで新しく働く女の子が紹介されます。
そこで「じゅんこ」と言う名前で紹介されたのは杏でした。
驚く藤!!!!!
「じゅんこ18才です、宜しくお願いします」と前を見ると、昨日高校生に見えないとバカにされたお姉さんがいました。
ヤバーと後ろを向く杏。

ミーティングが終わり、藤が杏に「ちょっと来い」「お前、何やっているか分かってんのか」と言います。
杏:「働いてんの、ここで」「絶対やめないからね」と藤を連れ戻すまで辞めないと言う杏。
みんながどれくらい心配しているのか、藤にぶつけます。
そして、自分のノートの紙を1枚剥がして、藤に手紙を書くように言う杏。
しかし!!このノートが…!


小林涼子さんの杏のキャバクラでの面接シーンは驚きました。
小林涼子さん…行けます、ドレスが結構似合ってました。
あさちゃん達との杏の小林涼子さんもいいですが、以外でした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。