スポンサード リンク

小林涼子

小林涼子さんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ31話での名場面

TBSドラマ「砂時計」のあらすじの中で、小林涼子さんが演じた杏の中高生時代から、気になる小林涼子さんの杏のシーンをピックアップして紹介してます。


電話を見ている杏。
杏はバイト先の喫茶店でも元気が無く、あさちゃん達がどこに誘っても乗ってきません。
その理由が、「大悟から電話がかかってくるかもしれないから」です。
心配したあさちゃんが、ポケベルを持てばとパンフを出してナイスアイデアを杏に紹介すると…突如輝く杏の表情&目!
その日から「ポケベル、ポケベル」の杏。

椎香が、藤に電話して杏と大悟が別れたいうのを確かめる為に、杏のバイト先に躊躇しながら藤がやってきて杏に大悟との事を聞きます。
「別れたら俺の所為だと思って…」「俺が大悟に話しようか」
杏は「いいよ」と言うんですが、その時藤は杏の様子が変なのに気が付きます。
「大丈夫」と言ったとたんに崩れるように倒れる杏!

その時丁度東京にやってきた大悟!
杏が家で休んでいると、藤が風邪薬や風邪でも食べれそうな物を大量に買ってきます。
(ちなみに杏の父親は出張で居ません)

杏の家に向かう大悟、なぜか辺りは真っ暗です。
杏の家に着く大悟!(そこには藤がいる!!!!!)

「杏、おるか」と呼びかける大悟。
表情の固まる藤。
杏が朦朧としながら「大悟…」と起きて立ち上がり、玄関に向かうそして倒れかけるのを支えた藤!
そこにドアを開けた大悟が!!
目を見張る大悟、「大悟…」と複雑な表情の杏、そして藤!!!!


小林涼子さんの杏は、大悟と上手くいかない辛さや、嬉しい時の表情が凄く良いです。
小林涼子さんの演じる杏と藤は、看病しているシーンだけ見るとほんといい雰囲気でした。
でも、大悟から見たらいたたまれないですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。