スポンサード リンク

小林涼子

小林涼子さんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ35話ちょっとと36話前半での名場面

小林涼子&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、小林涼子さんが演じた杏の中高生時代から気になる小林涼子さんのシーンをピックアップして紹介してます。


大悟が自分のために夢をあきらめようとしていると知った杏が大悟に言います
「杏の為、杏の為って頑張って…最後は大悟まで潰す」
「私と別れて」「私はいつも誰かを押しつぶす…」と別れを切り出すんですよ!!
大悟は「俺が東京に行くって決めたんだ、だけん別れようとは言うな」と言うんですが、杏は「このまま一緒にいたら駄目になっちゃうよ」と言い「それでもいい。ずっと一緒にいるってしただろ」と大悟は言います。
そして決定的な杏の言葉。
「もう離して、重いの何もかもが」「大悟と一緒にいるのが辛いの、もう別れて」そう言い泣きながら帰る杏…。

「そろそろ東京に帰ろうかな」という杏の様子におばあさんはやさしい声を掛けます。
そして、おばあさんに大悟と別れた事を離します。
「そげん事もあるでしょう。女の人生にはねどげん事が、起きるんだけん」と言うんですよ。(素晴らしい、おばあさんです!いつでも杏の味方です)


小林涼子さん演じる杏の最も辛く切ない決断と自分に嘘をついて大悟に別れを告げる所です。
辛い!ほんとここで悲しくなった方も多かったはずです。
でも、小林涼子さんのなんかこう細い線が物凄く良かったです。
小林涼子さんの杏ならではの切なさの伝わるシーンでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。