スポンサード リンク

小林涼子

小林涼子さんの杏、ドラマ砂時計のあらすじ36話後半での名場面

小林涼子&砂時計ということで、本サイト「砂時計」のあらすじの中から、小林涼子さんが演じた杏の中高生時代から気になる小林涼子さんのシーンをピックアップして紹介してます。


杏が東京に帰る為に家を出るまえにおばあさんに、大悟にひどい事を行って別れたと話します。
本当は、ありがとうや、出会えて良かったとか言いたかった事を話します。
そして「このまま一緒にいたら大悟が先生になる夢を諦めちゃう、わたしが重しになっちゃう」と泣きながら打ち明けます。
「杏、一人でかかえきれなくなったら、おばあちゃん何時でもここにおるけん。いつでもまっとるけん」とおばあさんが優しく言うんです。

駅に向かう杏に藤が「杏」と声を掛けます。
「東京へ帰るのか」と言い、自分と椎香の所為だと謝る藤。
「謝らないで、藤くんや椎香ちゃんの所為じゃないから」そう言っていく杏。

その頃大悟は神社で絵馬を見つめています。
中学校の教室で楽しかった頃を思い出している杏、街中のあちこちで色々思い出し、そして神社へ。
絵馬を見つめる杏。そこへ大悟が現れます、行こうとする杏の腕を捕まえ引き止める大悟!
「だめじゃ、行かせん。だめじゃ」
「もう離して」と顔を向けずに言う杏に大悟は「杏、こっち向いて言ってみろ」と言います。
決心をして大悟のほうを向いて杏は言います。
「もう終わったの。だからその手を離して」
その言葉に手を離す大悟。

行く杏に大悟は叫びます「杏、こぎゃん別れ方するためにお前の事すきになったんじゃなか」
「杏!」叫ぶ大悟…。


辛いんです、小林涼子さんの杏もとっても辛いんです、でも大悟の為を思い、重しになってはいけないと小林涼子さんの杏は考えたんですね、でも辛いですよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。